ゴールドマンなどでボーナス支給シーズン後に行員が退社

ゴールドマン・サックス・グループ とクレディ・スイス・グループはブラジルでのボーナス支給シーズン を、投資銀行業部門の人員削減のチャンスと捉えている。

事情に詳しい関係者によれば、ゴールドマンでは一部のバンカーに ボーナスが全く支給されなかった。同行の幹部5人が先月退社したのは その後だという。関係者はゴールドマンが投資銀行業の行員数を1年前 の45人から25人に減らしたことを明らかにした。

別の関係者2人は、クレディ・スイスでは昨年よりも減額されたボ ーナスを受け取った後に約10人のバンカーが同行を辞めたと説明。退社 は公表されていないとして、匿名を条件に語った。

バンコ・イタウBBAの投資銀行業担当責任者、ジーン・マーク・ エトリン氏は「欧米の一部銀行は事業がより活発な自国市場に軸足を移 している」と述べた。

ゴールドマン広報担当のマイケル・デュバリー氏とクレディ・スイ スの広報担当者はコメントを控えている。

原題:Goldman Loses Ground in Brazil as Rivals Pay 100% Cash Bonuses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE