エアバス・グループ:13年利益は21%増-14年も増益を見込む

航空機メーカー、エアバス・グルー プの2013年通期決算は前年比21%増益となった。同社は14年も増益を見 込んでいる。

26日の発表資料によると、利払いと税、一部項目を除く13年の利益 は36億ユーロ(約5060億円)となり、同社予想の35億ユーロを上回っ た。売上高は5%増の593億ユーロ。同社は単通路機エアバス「A320」 の生産を、現在の月間42機から16年には46機に増やす計画だ。

昨年の納入機数は過去最高の626機。航空各社が燃費の良い機種を 選好する中、同社は今年も同水準の納入を目指している。競合する米ボ ーイングも単通路機「737」の生産ペースを引き上げており、17年半ば までに月47機体制にする計画だ。

エアバス・グループは先月、EADSから社名を変更した。

原題:Airbus Predicts Earnings Rise as Jet Unit Raises A320 Rates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE