香港株(終了):上昇、H株指数は7日ぶり反発-BYD高い

香港株式相場は上昇。ハンセン中国 企業株(H株)指数が7営業日ぶりに反発した。人民元相場が落ち着い たほか、中国の短期金利が低下した。

電気自動車(EV)メーカーの比亜迪(BYD、1211 HK)は9.6% 上昇。北京市が今年、代替エネルギー車向けに公営の充電スタンド1000 カ所を建設すると新華社通信が報じた。製油会社の中国石油化工 (SINOPEC、386 HK)は4.1%高。香港に上場している中国本土 の不動産会社で時価総額最大の中国海外発展(688 HK)は3.5%高。

ハンセン指数は前日比120.24ポイント(0.5%)高の22437.44で終 了。一時0.3%安まで下落した。構成50銘柄中、値上がりと値下がりの 比率は2対1。H株指数は0.7%高の9806.03。一時0.9%安まで下げる 場面もあったが、その後は上げに転じた。

RBCインベストメント・マネジメント(アジア)のファンドマネ ジャー、テレサ・チョウ氏は、「投資家は中国をめぐる懸念に過剰反応 している可能性がある」と指摘。「中国の政策当局はより緩やかで持続 可能な経済成長を望んでいる」と述べた。

原題:Hong Kong H Shares Climb as Chinese Money-Market Rates Decline(抜粋)

--取材協力:Kana Nishizawa、Weiyi Lim. Editor: Richard Frost

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE