JPモルガンやゴールドマン、アナリスト調査不参加で合意

JPモルガン・チェースとゴールド マン・サックス・グループを含む18の金融機関が、アナリストのセンチ メントに関する一部の調査に参加しないことで合意した。ニューヨーク 州当局は一部投資家が情報をいち早く入手できる状況について調査して いる。

シュナイダーマン・ニューヨーク州司法長官によると、合意の下で 各社は「エリートで技術的に洗練された一部顧客」によるアナリスト調 査に応じることをやめる。この合意は相場を動かすような情報を一部の 投資家が他の投資家よりも先に入手するのを防ぐ取り組みの一環。

シュナイダーマン長官はアナリストのセンチメントに関する情報入 手について業界全体を調査する間、こうした調査に応じるのをやめるこ とを各社に求めた。

合意に加わったのはほかにメリルリンチ、UBSセキュリティー ズ、バークレイズ・キャピタル、シティグループ・グローバル・マーケ ッツ、クレディ・スイス・セキュリティーズ(USA)、モルガン・ス タンレー、ドイチェ・バンク・セキュリティーズ、ジェフリーズ、な ど。

先月には資産運用会社のブラックロックが、担当企業についてアナ リストから聞き取りをするプログラムを中止することで合意した。

原題:JPMorgan, Goldman Sachs, 16 Other Firms to End Analyst Previews(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE