野菜はセブンやローソンで、農家高齢化で法人続々

農家の高齢化に伴って、日本の農業 はコンビニで販売する新鮮な野菜の需要拡大に対応しきれなくなる。ロ ーソンとセブン&アイ・ホールディングスはそう確信し、農地への投資 や若者の農業訓練に取り組んでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。