集団的自衛権で公明幹部が首相方針を批判-「誤解ある」と菅官房長官

公明党の漆原良夫国会対策委員長が 集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈変更を閣議決定で行うと する安倍晋三首相の方針を批判していることについて、菅義偉官房長官 は「誤解がある」と指摘、与党との間で調整を進める考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。