【海外アラカルト】買春ツアーと戦う、IT業界の所得格差

り。

スポーツ用品メーカー世界2位、ドイツのアディダスは、サッカー のワールドカップ(W杯)の6月開幕に向け発売していたTシャツの一 部を販売中止にすると発表した。開催国ブラジルの観光省が、性的な内 容を含んでいるとして不満を表明していた。対象となったシャツのうち 1枚にはリオデジャネイロのシュガーローフ山とビキニ姿の女性などが 描かれている。ブラジルのルセフ大統領は25日、観光客は歓迎するが 「買春ツアーと戦う準備は整っている」とツイッターに投稿した。(25 日)Adidas Cuts ‘Sexual’ T-Shirts Following Brazil’s Complaint

米サンフランシスコ在住のピーター・セトさん(60)は、IT(情 報技術)企業などのプログラマーが利用するシャトルバスの運転手とし て生計を立てている。グーグルやアップル、フェイスブックなどベイエ リアにオフィスを構えるIT企業の急成長で、従業員用シャトルバスの 運転手の需要は増えている。セトさんもそうした恩恵を受けている1人 だが、5万ドル(約510万円)という年収は新卒エンジニアの初年度給 与の半分にも届かず、ぜいたくには程遠い。サンフランシスコでの所得 格差をめぐる議論の真っただ中にいるのが、セトさんのようなプライベ ートバスの運転手だ。(25日)Google Buses Fuel Inequality Debate as Boom Inflates Rents

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE