クレディSは米国顧客の100億ドルの資産隠し助けた-上院報告

スイス2位の銀行、クレディ・スイ ス・グループが手助けした米国の顧客は、最大100億ドル(約1兆200億 円)の資産を内国歳入庁(IRS)に隠していたと米上院の委員会が報 告書で指摘した。これまで知られていた資産隠しの倍以上の額になる。

上院常設調査小委員会の報告書によると、クレディ・スイスが1800 人のバンカーを通じ2万2000人の米国の顧客の脱税を助けた「圧倒的」 な証拠にもかかわらず、罰せられた同行の上級幹部はいなかった。同行 はプライベートバンキング部門の主要指標について投資家を欺いたとも 報告書は指摘している。

報告書はさらに、司法省が米国の顧客の脱税ほう助でクレディ・ス イスを追及する際に法的手段を全て行使したわけではなく、法規執行の こうした手ぬるさのせいで同行が開示した米国の口座保有者の名前 は238人にとどまっていると分析した。

同小委の委員長を務めるカール・レビン上院議員(民主、ミシガン 州)は「司法省は資産隠しをした顧客名を特定するため断固たる行動を 取る必要がある」と述べ、「彼らは米国に納税する義務がある。脱税者 は白状して税を納め、責任を取るのが当然だ」と付け加えた。

原題:Credit Suisse Helped Clients Hide Up to $10 Billion, Senate Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE