ドル・円は102円台前半、FRB議長の議会証言控え底堅い展開

東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=102円台前半で推移した。中国経済やウクライナ情勢をめ ぐる不透明感がくすぶる一方、あす行われる予定のイエレン米連邦準備 制度理事会(FRB)議長の議会証言を見極めようとする雰囲気が広が った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。