債券先物は一時10カ月ぶり高値、日銀買い入れ「10年超」減額で下げも

債券先物相場は一時約10カ月ぶり高 値に達した。前日の40年債入札が順調となるなど需給の良さを背景に買 いが先行した。一方、日本銀行が実施した長期国債買い入れオペで、対 象年限「10年超」が減額されたことで下落に転じる場面もあった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。