豪カンタス航空:5000人削減へ-上期は2.52億豪ドルの赤字

更新日時

オーストラリア最大の航空会社、カ ンタス航空は27日、5000人の削減と旅客機の発注延期を発表した。2013 年7-12月(上期)の税引き前損益は2億5200万豪ドル(約230億円) の赤字となり、アラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)は支援確保 のため政府への働き掛けを強めている。

発表資料によると、カンタスはボーイングとエアバス・グループの 旅客機50機余りについて、売却ないし受け渡しを延期する。加えて、17 年までにフルタイム勤務に相当する従業員を7人中1人の割合で削減す る。黒字転換を果たすまで賃金を凍結する方針だ。

ジョイスCEOは国内で格安航空会社ヴァージン・オーストラリ ア・ホールディングスとの価格競争に勝つことはできないと指摘。カン タスが投資適格級を失ったことから、豪政府は外資による出資上限の撤 廃や債務保証の形で同社を支援する可能性がある。

インバスト・ファイナンシャル・サービシズのチーフ市場アナリス ト、ピーター・エショ氏(シドニー在勤)は「豪政府によるカンタス航 空への金融面の保証は市場評価の点で最もデリケートな問題だ。そうい った発表があるまで同社の株価が上昇する公算は小さい」と指摘。「カ ンタスの事業は縮小しており、アジア地域への進出で成功を収めるとし ても、何年も先のことだろう」と述べた。

カンタス航空の7-12月期の一時費用を除いた税引き前損益は、ブ ルームバーグがまとめたアナリスト4人の予想では平均2億7750万豪ド ルの赤字が見込まれていた。純損益は2億3500万豪ドルの赤字だった。

カンタスによると、機材などへの設備投資は今後2会計年度につい て、それぞれ8億豪ドルに削減される。同社はエアバスの「A380」8 機とボーイングの「787-8」型ドリームライナー3機の発注を延期し、 一部の機材を予定より早めに引退させることを明らかにした。

原題:Qantas to Cut 5,000 Jobs Amid Market Share Fight With Virgin (3)(抜粋)

--取材協力:Benjamin Purvis、Nichola Saminather. Editors: Edward Johnson, Anand Krishnamoorthy

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE