JPモルガンのコンプライアンス責任者が退社、在任1年

米銀JPモルガン・チェースはコン プライアンス(法順守)責任者のシンディ・アーマイン氏が退社したこ とを明らかにした。在任期間は1年だった。JPモルガンの訴訟や規制 当局との和解の関連費用は昨年230億ドル(約2兆3540億円)を超え た。

マット・ゼームズ最高執行責任者(COO)からの社内文書によれ ば、法人・投資銀行部門の最高管理責任者(CAO)のルー・ローシェ ンバーガー氏が暫定的にコンプライアンス責任者となる。ブルームバー グ・ニュースが同文書を入手した。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が25日に報じたと ころによると、アーマイン氏は元JPモルガン幹部のフランク・ビシグ ナノ氏が最高経営責任者(CEO)を務める決済処理会社ファースト・ データに移籍する。

アーマイン氏は2011年5月にJPモルガンに加わった。それ以前 は31年にわたりシティグループに在籍、同行でもコンプライアンス責任 者を務め、JPモルガンでは13年1月からコンプライアンス責任者とな っていた。同氏のコメントは得られていない。

原題:JPMorgan Compliance Chief Armine Leaves Post After One Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE