米天然ガス:2日間の下落率、過去6年で最大-寒波緩和予報

ニューヨーク市場の天然ガス先物相 場の2日間の下落率が過去6年余りで最大となった。米東部の寒さが来 月和らぐとの予報が発表され、ガス需要が後退するとの観測が広がっ た。

MDAウェザー・サービシズなど民間気象予報会社が来週いっぱい 中西部と東部にとどまる寒気が3月7日から和らぐとの見通しを示した ことから、ガス相場は25日、6.4%下落した。気温が平年を下回り需要 が拡大したため、米国のガス在庫はこの時期としては10年ぶりの低水準 に減少。ガス先物は今月、5年ぶりの高値に達した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物3月限終値 は前日比34.9セント安の100万BTU(英国熱量単位)当たり5.096ドル と、終値としては12日以来の安値を付けた。24日と合わせた下落率 は17%と、2日間としては2007年8月以降で最大。

原題:Natural Gas Caps Biggest 2-Day Drop in Six Years on Thaw in East(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE