ウクライナ中銀、預金流出阻止で措置検討-先週は7%引き出し

ウクライナの首都キエフで治安部隊 と反政府デモ隊の衝突が激化した先週、銀行預金額の最大7%が引き出 されたことを受け、ウクライナ国立銀行(中央銀行)は資金流出を阻止 する措置を検討している。同中銀のステパン・クビフ新総裁が25日明ら かにした。

24日に総裁に指名されたクビフ氏は就任後初のインタビューで、預 金引き出しのピークは18-20日だったと説明。この3日間に最大300億 フリブナ(約3150億円)が引き出されたと述べた。

同総裁は「新政権が発足し、明確な安定化プログラムが発表されて 国際支援が提供されれば」すぐにフリブナは上昇する可能性があると述 べた。

原題:Ukraine Central Bank Seeks to Halt Deposit Outflow After 7% Drop(抜粋)

--取材協力:Daryna Krasnolutska. Editor: Mark Williams

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE