NY原油(25日):下落、3週ぶりの大幅安-在庫増観測で

ニューヨーク原油先物相場は下落。 3週間ぶりの大幅安となった。米国の原油在庫が増加したと予測されて いるほか、人民元の下落が世界2位の石油消費国である中国の成長に悪 影響を及ぼすとの懸念が広がった。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は、「原 油在庫は、この先数週間は積み上がるだろう」と述べ、「景気をめぐる 懸念がある程度高まったことにも相場は反応した」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比99セント安の1バレル=101.83ドルで終了した。下げ幅は今月3日以 来で最大だった。

原題:WTI Crude Falls Most in Three Weeks on U.S. Supply; Brent Slips(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Naureen S. Malik. Editors: Margot Habiby, Charlotte Porter

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE