NY金:続伸、ほぼ17週ぶり高値-米景気減速の兆しで

ニューヨーク金先物相場は続伸し、 ほぼ17週間ぶりの高値となった。米景気減速に伴い代替投資の金買いが 膨らむとの観測が背景。2月の米消費者信頼感指数は前月から低下し、 市場予想を下回った。昨年12月の全米20都市の住宅価格指数は前年比で 伸びが鈍化した。ロシアのストルチャク財務次官はウクライナがデフォ ルトに陥る確率が高いと発言した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。