格下げ責任覚悟せよの電話、米大統領も承知か-財務長官と会議

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)が2011年に米国債を最上級の「AAA」から格 下げした直後、ガイトナー前財務長官は、S&P親会社のマグロウヒ ル・ファイナンシャルのハロルド・マグロウ会長に対し、政府の反応を 覚悟するよう警告した。その直前にオバマ大統領とガイトナー氏との会 議が行われていたことが、裁判所に提出された文書で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。