ニッケル、インドネシアの禁輸で2万ドル超えか-ヴァーレ

インドネシアの鉱石輸出禁止により ニッケル価格が来年、大幅に上昇し向こう数年間に1トン当たり2万ド ルを超える可能性があるとの見方を、世界2位のニッケル生産会社、ブ ラジルのヴァーレが示した。

ヴァーレの非鉄金属担当エグゼクティブディレクター、ピーター・ ポッピンガ氏は21日のインタビューで、インドネシアが1月から実施し ている鉱石輸出規制は緩和されないと予想。中国の在庫が高水準にある ため、今年は価格が大幅に動く可能性は低いとの見方を示した。

ニッケル鉱石の世界最大の生産国であるインドネシアは、高付加価 値製品の生産国への移行を目指し、1月に未処理鉱石の輸出を禁止し た。英バークレイズは、インドネシアの禁輸により世界のニッケル市場 が2015年以降、供給不足に転じると予想。ロンドン市場のニッケル相場 は今年に入って3.4%上げ、他の非鉄金属を上回る上昇率を示してい る。

原題:Nickel Seen by Vale Exceeding $20,000 on Indonesian Ore Ban (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE