GPIF:物価連動債の購入に反対意見も-1月20日の議事要旨

世界最大の年金基金である年金積立 金管理運用独立行政法人(GPIF)が先月20日に開いた第74回運用委 員会(委員長:植田和男東大大学院教授)で、物価連動国債の購入に反 対する意見が出た。金利上昇リスクに対するヘッジ(損失回避)機能が 十分でないことなどが理由だとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。