新興国企業:世界時価総額トップ20入りはペトロチャイナのみ

新興国企業が世界の株式時価総額ラ ンキング上位から姿を消している。

新興国企業では中国の国有石油会社ペトロチャイナ(中国石油)1 社だけが20位以内に入った。トップ20入りの新興国企業が1社だけだっ たのは2005年以来初めて。投資家が新興国から資金を引き揚げているこ とが背景にある。ペトロチャイナは前年の4位から14位に後退。一方、 中国工商銀行は時価総額で380億ドル(約3兆9000億円)相当を失 い、22位に順位を下げた。韓国最大の企業、サムスン電子は順位を11落 として27位。

今年に入ってから2カ月弱で、新興国市場の株価指数をベンチマー クとして運用する上場投資信託(ETF)からの資金流出は100億ドル 以上に達しており、昨年全体の88億ドルを上回っている。新興国と先進 国の成長率格差は11年ぶり低水準に縮小する一方で、トルコやインドの 中央銀行は通貨安に歯止めをかけるため利上げに踏み切っている。資金 が流入する欧米企業の株主資本利益率(ROE)は、自国経済の回復を 追い風に、新興国企業を上回っている。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)傘下USトラストのチーフ市場 ストラテジスト、ジョゼフ・クインラン氏は電話取材に対し、新興市場 には「さらなる下落余地がある」と指摘。新興国企業は「日本や欧米な ど世界クラスの競合企業に対抗できるだろうか。ミクロレベルではそれ が可能であるか確信できない」と述べた。

米国企業が上位5位を独占した。アップルが首位で、エクソンモー ビル、グーグル、マイクロソフト、ウォーレン・バフェット氏が率いる バークシャー・ハサウェイが後に続いた。

原題:Emerging-Market Giants Fade as PetroChina Is Sole Top 20 Stock(抜粋)

--取材協力:Richard Frost、Phani Varahabhotla. Editors: Michael Patterson, Marie-France Han

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE