浅田:現役続行の可能性「ハーフ・ハーフ」、世界選手権後考える

ソチ五輪フィギュアスケート日本女 子代表の浅田真央選手(23、中京大学)は日本外国特派員協会での会見 で25日、現役続行の可能性について「ハーフ・ハーフ」と答え、次の世 界選手権を終えた段階で考える意向を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。