ソフトバンクは韓国の検索サイト最 大手ネイバーの日本子会社であるLINEの株式取得を目指している。 事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

関係者の2人によれば、LINEはこれ以外にも会社全体ないし部 分的な買収提案を少なくとも1件受けているため、新規株式公開 (IPO)の準備を遅らせている。情報が非公開であることを理由に匿 名で語った。東京を本社とするLINEの利用者数は約3億4000万人。 BNPパリバによれば、LINEの企業価値は最大149億ドル(約1 兆5300億円)の可能性がある。

利用者がネット経由で無料でメッセージや通話ができる通信アプリ サービスは急速に普及し、電話会社が提供する従来のメッセージサービ スから顧客を奪っている。ソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS)最大手の米フェイスブックは今月、スマートフォン向けメッ セージアプリの米ワッツアップを最大190億ドルで買収することで合 意。その数日前には楽天がメッセージ・通話のアプリを世界中で展開す るバイバー・メディアを9億ドルで買収すると発表していた。

いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員はLINEにつ いて「ユーザーが多く、今一番勢いのあるアプリ。それを取り込むだけ でも株価は反応する」と指摘。ソフトバンク子会社のガンホーやヤフー との相乗効果もあると述べた。

株価急伸

ソウル株式市場でネイバーの株価は前日比7.5%高で終了。東京市 場では、ソフトバンク株が同4.1%高の8095円で終わった。

1人の関係者の話では、ソフトバンクの創業者、孫正義氏は株式取 得についてLINE側と話し合った。別の関係者によると、LINEは 引き続き年内のIPOを目指しており、こうした複数の提案内容を吟味 するため一定の時間が必要としている。関係者によれば、大手企業から の出資を受け入れることで、IPO前にLINEの評価額が高まる公算 が大きい。

ソフトバンク広報の倉野充裕氏は「憶測にはコメントしない」と述 べた。LINEの広報担当、林史子氏は「記事に書かれているような事 実はない」とした。ネイバーの広報担当者は、「ソフトバンクから投資 提案を受けていない」と述べた。

また、エース経済研究所の安田秀樹アナリストはLINEによる無 料通話について「ソフトバンクのような通信業者には加入者1人当たり の売上高を下げる原因になる」とした上で、「株式を取得することで、 ある程度コントロールしたいのではないか」と語った。

--取材協力:Jonathan Browning、Sarah Frier、Jungah Lee、天野高 志. Editors: Mohammed Hadi, 中川寛之, 宮澤祐介

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE