レノボのCEO:モトローラ・モビリティ、6四半期で黒字化へ

中国のパソコン(PC)メーカー、 レノボ・グループ(聯想集団)は、米グーグルから買収する携帯端末事 業モトローラ・モビリティについて、人員削減を行わずに4-6四半期 以内に業績黒字化を目指す方針だ。楊元慶最高経営責任者(CEO)が 明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。