【個別銘柄】ソフバンク急伸、省エネ関連高い、そーせい急落

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

ソフトバンク(9984):前日比4.1%高の8095円。韓国の検索サイ ト最大手、ネイバーの日本子会社であるLINEの株式取得を目指して いることがブルームバーグ・ニュースの取材で分かった。LINEはス マートフォン向けの無料通話・メールのアプリを展開。LINEとの商 取引があるアドウェイズ(2489)も11%高の2020円と人気化。

ヤフー(4689):2.7%高の654円。発行済み株式総数の1%に当た る5724万300株の自社株消却を3月28日付で行う、と24日に発表。1株 価値の向上を見込む買いが優勢となった。

ダイキン工業(6367):3%高の5924円。SMBC日興証券は24 日、投資判断を「2(中立)」から「1(アウトパフォーム)」、目標 株価を5700円から7000円に上げた。国内ルームエアコン市場の反動減、 新興国への警戒から株価は調整傾向にあるが、過度な懸念は不要と強 調。住宅用エアコンを中心に中国の販売は拡大し、国内ルームエアコン も空調事業売り上げの5%弱に過ぎないとした。

星光PMC(4963):29%高の1324円で、東証1部の上昇率トッ プ。スマートフォンなどタッチパネルの電極向けに、電気抵抗値が従来 品より約3割低い銀製の新素材を開発したと25日付の日経産業新聞が報 道。パネルの反応が良化、操作性が高まるという。

省エネ関連株:省エネ支援のファーストエスコ(9514)が21%高 の1330円、省電舎(1711)が16%高の2527円など。政府は25日の原子力 政策の関係閣僚会議で、エネルギー基本計画の政府案を了承、今後与党 と調整し、閣議決定を目指す。菅義偉官房長官が会見で明らかにした。 政府の総合資源エネルギー調査会は昨年12月にまとめた意見書で、原子 力発電は安全性の確保を大前提に、引き続き活用していく重要なベース 電源と指摘した一方、省エネルギー・再生可能エネルギーの導入などに より、原発依存度は可能な限り低減させるとしていた。

環境管理センター(4657):16%高の1060円。福岡市は、25日の微 小粒子状物質(PM2.5)が環境基準を超過し、1日平均値の中央値で 1立方メートル当たり36.8マイクログラムを予測した。1日平均値で 同35マイクログラム超が予測される場合、呼吸器系・アレルギー疾患の ある人に対し外出時のマスク着用などを注意喚起している。同社は PM2.5の大規模調査実績などがある。

双葉電子工業(6986):12%高の1423円。三菱UFJモルガン・ス タンレー証券は24日、投資判断「アウトパフォーム」を継続、目標株価 を1800円から1950円に上げた。今後の最終黒字化定着を予想、有機EL ディスプレー(OLED)パネルが車載向けに採用となる一方、フィル ム型製品をウェアラブル端末向けに投入する計画で、蛍光表示管 (VFD)を代替する事業が育成されつつあるとした。

アルバック(6728):6.2%高の2115円。JPモルガン証券は投資 判断「オーバーウエート」を継続。同証による2014年6月期の連結営業 利益予想を115億円から120億円に引き上げた。会社計画は90億円。前6 月期まで2年間で300億円以上の費用を伴った構造改革の成果は着実に 出ており、第2四半期(13年10-12月)は全てのサブセグメントが黒字 で着地した、と推定している。

DMG森精機(6141):4.1%高の1699円。野村証券は24日、目標 株価を1310円から1840円に上げた。世界の工作機械需要の来期回復が予 想され、限界利益率が高い同社の15年3月期は売上高で前期推定比9% 増、営業利益は68%増と増益率が大きくなろう、とした。投資判断は 「中立」を維持。

スター精密(7718):4%高の1209円。従来は不可能だったウェブ アプリから直接印刷を可能にする据え置き型プリンター4機種を開発、 順次販売を開始すると24日に発表。本体標準価格は15万7000円-23 万7000円。国内、米国や欧州を中心に16年度末までに累計10万台の販売 を目指すとし、今後の業績貢献が見込まれた。

アインファーマシーズ(9627):6.4%安の4680円。調剤薬局など 医薬事業が伸び、13年5月-14年1月期の連結営業利益は前年同期 比9.9%増の75億600万円だった、と24日に発表。ただ、前期比16%増 の113億円を維持した14年4月期計画に対する進捗(しんちょく)率 は67%で、未達リスクが懸念された。野村証券では投資判断「買い」を 継続しつつ、会社が未妥結の薬価差前提を引き下げたため、今期計画の 達成は微妙な状況と指摘。いちよし経済研究所は投資判断を「買い」か ら「中立」に下げた。

松竹(9601):2.1%安の897円。14年2月期の連結純利益見通し を33億1000万円から前期比6割増の16億円に下方修正する、と24日に発 表。連結子会社が運営する映画劇場施設の不採算拠点の一部撤退を決 め、劇場閉鎖損失引当金繰入額を特別損失として計上、歌舞伎座タワー 建設資金に充てた社債の繰り上げ償還に伴う社債償還損の発生、賃貸不 動産の減損損失なども響く。

そーせいグループ(4565):18%安の3260円。新株発行による公募 増資などで、最大で約56億円を調達すると24日に発表。発行済み株式数 は1月末と比べ最大で15%増えるため、1株価値の希薄化が懸念され た。調達資金は研究開発、再生医療分野への投資資金などに充当方針。

マネースクウェア・ジャパン(8728):4.9%高の1449円。3月3 日付で東証2部から第1部に上場市場が変更される、と24日に発表。今 後のTOPIX採用に伴うファンド資金の流入など、投資家層の広がり を見込む買いが膨らんだ。

エナリス(6079):26%高の1910円。14年12月期の連結営業利益は 前期比3倍の22億400万円と、従来計画の12億6000万円を上回る見通し と24日に発表。完全子会社化した日本エネルギー建設が連結対象となっ たため。

CKD(6407):4%高の1044円。岩井コスモ証券は24日、投資判 断「Bプラス(中立プラス)」から「A(アウトパフォーム)」、目標 株価を1230円から1300円に上げた。円安や半導体投資の増加などで全社 収益が期を追って改善、医薬品用など自動包装機の需要好調も変わら ず、14年3月期は上振れの可能性が高いとみる。会社計画の営業利益75 億円に対し、同証では80億円と予想。15年3月期は87億円を想定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE