ドル・円は102円半ば、リスク選好支え-新規材料難で上値限定

東京外国為替市場では、ドル・円相 場は1ドル=102円台半ばで推移した。堅調な株価を背景にリスク選好 ムードが下支えとなった一方、新たな手掛かり材料に乏しく、ドル・円 は小幅な値動きに終始した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。