日経平均1カ月ぶり1万5000円回復、欧米高やソフバンク急伸

東京株式相場は反発し、日経平均株 価がおよそ1カ月ぶりに1万5000円を回復。ウクライナ情勢の落ち着き などを受けた前日の欧米株高で投資家のリスク許容度が増し、日本株の 出遅れ修正が進んだ。LINEへの出資観測からソフトバンクが急伸、 日経平均先物買いとの相乗効果で指数を押し上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。