タルーロFRB理事:バブル対策に金利使用の選択肢維持を

タルーロ連邦準備制度理事会 (FRB)理事は、システミックリスクを抑制するために監督を強化し ても、中央銀行は危険な金融バブルに対応するために金利を使用する選 択肢を維持する必要があると述べた。

タルーロ理事は25日、バージニア州アーリントンで行われた全米企 業エコノミスト協会(NABE)の会合に出席し、「広範かつ根強いシ ステミックリスクの積み上がりに対応する上で、金融政策を選択肢から 外すわけにはいかない」と話した。

さらに、当局が注視する動向からはリスクの高まりを示す兆候がい くつか見られたと指摘。「例えば高利回り社債やレバレッジドローンの ファンドにはかなりの資金が流入しており、高リスクの企業の信用に対 する投資意欲の高まりを反映している。その一方で、通常の社債引き受 けは落ち込んでいる。この先、大規模な損失が生まれる可能性が高まっ ている」と述べた。

原題:Tarullo Says Fed Must Keep Option of Using Rates Against Bubbles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE