ブラジル株:大半の銘柄が下落-経済成長見通しの引き下げで

24日のブラジル株式市場では、大半 の銘柄が下落した。エコノミストらがブラジルの経済成長見通しを引き 下げたことで、MRVエンジェニャリア・エ・パルチシパソンエスを中 心に住宅建設株が売られた。

MRVは3%安。石油化学会社ブラスケムは3.3%の下落。同社は アルゼンチンの化学メーカー、ソルベイ・インデュパの買収条件引き上 げに同意した。一方、鉄道会社オール・アメリカ・ラティーナ・ロジス ティカは8.9%上昇。サトウキビ加工のコザンSAインダストリア・ エ・コメルシオがオール・アメリカに69億6000万レアル(約3050億円) 相当の買収案を提示した。

ボベスパ指数は前週末比からほぼ変わらずの47393.50で終了。指数 構成銘柄のうち下落が40銘柄、上昇は31銘柄。通貨レアルはサンパウロ 時間午後5時25分(日本時間25日午前5時25分)現在、0.1%高の1ド ル=2.3435レアル。ブラジル中央銀行が実施したエコノミスト調査の結 果によれば、今年の経済成長率の予想は1.67%(中央値)と、前週 の1.79%から引き下げられた。

INVXグローバル・パートナーズのチーフエコノミスト、エドゥ アルド・ベリョ氏は電話インタビューで、「ブラジルの企業と株式の見 通しは極めて悪い」と指摘。「鉱工業生産の落ち込みや輸出の減少、先 週発表された今年度の政府予算削減の結果、経済成長に対する悲観的な 見方が広がっている」と述べた。

原題:Brazilian Stocks Fall as Economists Lower Brazil Growth Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE