ウクライナの債券・株式相場が大幅高-国際的な金融支援観測で

24日のウクライナ市場では債券相場 が上昇し、株式相場は2010年5月以来最大の値上がりとなった。ヤヌコ ビッチ政権の崩壊を受けて欧米諸国から支援を確保できるとの観測が強 まったことが背景。

2023年償還のドル建て国債の利回りはキエフ時間午後5時56分(日 本時間25日午前0時56分)現在、93ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下の9.26%と、1月28日以来の低水準。ウクライナ株の指 標、UX指数は15%高となった。同国の通貨フリブナは4.3%下落し、 1ドル=9.3500フリブナ。

ウクライナにはデフォルト(債務不履行)回避で350億ドル(約3 兆5900億円)の金融支援が必要だとの暫定政府の説明を受け、国際通貨 基金(IMF)や米国、欧州連合(EU)は支援の用意を表明してい る。首都キエフでは議会が連立政権発足に向けた作業を進めている。大 統領の座を追われ逃亡中のヤヌコビッチ氏に対しては、少なくとも82人 が死亡した先週の衝突の責任を問うため逮捕状が出されている。

原題:Ukraine Bonds Surge With Stocks on Aid Outlook After Yanukovych(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE