ベネズエラ国債価格が上昇-ドル不足の緩和に政府が動く

ベネズエラのドル建て国債価格が24 日、新興市場で最大の上昇となった。同国がより多くのドル売り容認に 動き、抗議行動を終わらせために政策の見直しが行われるとの楽観的見 方が広がった。

JPモルガン・チェースのEMBIGダイバーシファイド指数によ ると、ニューヨーク時間午後1時26分(日本時間25日午前3時26分)現 在、ベネズエラ債の米国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は44ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小し、1373bp。ドル建 て2027年償還国債の価格は1.9セント高の額面1ドル当たり68セント と、終値ベースで1月29日以来の高値を付けた。

1カ月続く抗議行動の発端となった食料品や医薬品など物資の不足 を緩和する取り組みの一環として、政府はこの日、国営ベネズエラ石油 (PDVSA)や企業、個人に対し、規制された市場でドルの売買を認 める規則を施行した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)のシニアエコノミスト、フラン シスコ・ロドリゲス氏はニューヨークから電話取材に応じ、「市場原理 が大きな役割を果たすはるかに柔軟な制度を目指す試みが行われてい る。政府は価値を押し下げようとしている」と語った。

原題:Venezuela Bonds Rally After Move to Ease Dollar Shortages (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE