FBのワッツアップ買収でロシアの競合アプリに登録者急増

米フェイスブックが先週、190億ド ルでワッツアップの買収を発表した後、ロシア最大のソーシャル・ネッ トワーク「フコンタクテ」創設者パベル・デュロフ氏が支援する競合メ ッセージアプリへの登録者が急増している。

フェイスブックのワッツアップ買収発表以来、デュロフ氏のアプリ 「テレグラム」には一日で最大495万人が新規で登録した。一方のワッ ツアップの新規登録は一日当たり100万人となっている。

ワッツアップのユーザーからは、フェイスブックが何らかの形でワ ッツアップのサービスを損ねるのではないかと懸念する声が上がってい る。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者 (CEO)はワッツアップの独立性を約束しているが、個人的な会話の やり取りをめぐる不安が競合他社とって優位に働くこともあり得る。ワ ッツアップ買収以前から、テレグラムは情報漏れの心配がなく、安心し て会話をやり取りできると評判だった。

同氏はテレグラムを通じて「外部に売却されることがないようなツ ールが必要だ」と述べ、「世界には金銭で動かされることのないプロジ ェクトがもっと必要だ。投資家もいない、売却もない、新規株式公開 (IPO)もしない。ウィキペディアのようなプロジェクトがさらに必 要だ」と続けた。

テレグラムに登録するユーザーの勢いは週末でさらに加速した。テ レグラムのツイッターアカウントによれば、22日には180万人が登 録、23日には495万人が新たに登録した。

テレグラムの売却はデュロフ氏の関心事ではない。テレグラムは、 同氏が現在拠点にするベルリンで立ち上げに関わった非営利団体によっ て運営されている。デュロフ氏はテレグラムを売却することは「決し て」ないと述べ、その理由について同氏も従業員も資金を必要としてい ないからだと続けた。

原題:Russian Zuckerberg Gets Boost From Facebook CEO’s WhatsApp Deal(抜粋)

--取材協力:Elco van Groningen、Sarah Gill. Editors: Mark Beech, Robert Valpuesta

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE