マカオで新たな縄張り争い、カジノと業者が中国人金持ち争奪

マカオを舞台に新たな衝突が起こり つつある。20年前はギャンブル成金たちがギャング同士の血を見るよう な銃撃戦の火付け役になったものだが、今はプライベートジェット機や リムジン、多額の融資を動員しての争いだ。

最新のバトルはカジノと長年味方だったジャンケットオペレーター が対決する構図となっている。ジャンケットオペレーターは長年、中間 業者として中国から金持ちギャンブラーを集めてマカオへの旅行を手配 し、本土外への資金持ち出し制限を避けるため無利息融資を提供してき た。今、こうした中間業者の排除を目指し、資産家シェルドン・アデル ソン氏率いるサンズ・チャイナなどのカジノ会社が同様のサービスを提 供し始めている。世界最大の市場規模を持つマカオのカジノ市場から上 がる利益を奪い合うバトルとなっている。

MGMチャイナ・ホールディングスのグラント・ボウイ最高経営責 任者(CEO)は「VIP客を直接確保できればかなり高い利益率が得 られる」と語る。VIP客はマカオのカジノ収入の約3分の2を占め る。

ドイツ銀行のアナリスト、カレン・タン氏(香港在勤)によると、 カジノが自ら中国の大物ギャンブラーに高級VIPルームで自ら接待す れば、ジャンケットオペレーターに同じサービスの料金を支払わずに済 み、稼ぎは10-15%上積みされるという。最大50%多く稼げる可能性も あるという試算もある。いずれにせよ、カジノが自らこうしたサービス に乗り出せば、世界で最も金持ちのギャンブラーの拠点であるマカオに 変革をもたらす可能性がある。

サンシティ・グループなどのジャンケットオペレーターの支配力は 揺るぎないものの、圧力を感じている業者もいる。サンシティとチャイ ナ・サンズの関係者はこの記事についてコメントを控えている。

原題:China Million-Dollar Gamblers Spark Latest Macau Turf Fight (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE