ウクライナ債相場は新たな外国支援次第か-デフォルト懸念で

親ロシア政権が事実上崩壊したウク ライナでは、新指導部が国内経済の危機的状況やデフォルト(債務不履 行)の可能性を明らかにしたことから、債券投資家は外国からの新たな 支援動向が相場の手掛かり材料になると判断している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。