ブルゴーニュの12年産ワイン、10-30%値上がり-霜害で

フランスのブルゴーニュ地方の2012 年産ワインが11年産と比較して10-30%値上がりしている。春季の霜と 夏季のひょうによる被害でブドウの収穫高が落ち込んだためだ。複数の ワインメーカーと英国の輸入業者が明らかにした。

英ワイン販売会社ベリー・ブラザーズ・アンド・ラッドのブルゴー ニュ担当ディレクター、ジャスパー・モリス氏によると、シャブリ、シ ャサーニュ・モンラッシェ、サントネイの3地域では4月と5月に霜が 降り、6月の開花期には降雨が多かった。また、6月から8月初めにか けてコート・ド・ボーヌ地方がひょうを伴った嵐に見舞われたことか ら、高品質のブドウの収穫高が減少した。

ブルゴーニュの12年産ワインが市場に出荷されたのは、価格下落に 伴ってボルドー産ワインの投資需要が低下しコレクターや投資家による ブルゴーニュ産ワインの需要が高まった時期と重なった。高級ボルドー 産ワインで構成するLiv-ex50高級ワイン指数は月間ベースで過 去10カ月のうち9回低下。年間ベースでは3年連続で下げている。

Liv-exの今月のセラーウォッチ市場リポートは「ボルドー産 の価格下落を背景に他産地のワイン価格の上昇が顕著だ」と指摘した。 ボルドー500指数が今年1月に前年同月比で1.4%低下する一方、ブルゴ ーニュ150指数は5.3%上昇した。

原題:Burgundy 2012 Prices Climb as Vineyard Yields Reduced by Frost(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE