米政府公認ディーラー、新たな取引慣行に危機感-制限求める

1987年発表のトム・ウルフの小説 「虚栄のかがり火」で不滅の存在とされたウォール街の覇者たちがここ にきて、しょせんは消え行く運命だと実感しつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。