中国は肺がんになる危険性のある喫煙者のようだ-研究所主任

中国の大気汚染は容認し難い水準に 達しており、石炭への依存度を積極的に低下させる必要があるとの見解 を、中国国家気候変動戦略研究・国際協力センター(NCCS)主任の 李俊峰氏が示した。同国は世界最大の二酸化炭素排出国。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。