米ヘッジファンド:天然ガス買い越し5%増-寒波で需要増期待

ヘッジファンドによる天然ガス相場 上昇を見込む買い越しは過去6週間で5回目の増加となった。北極から の寒気の影響で暖房需要が増加し在庫が減少している。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、ファ ンドなど大口投機家のガスの買い越しは18日終了週に5%増え、昨年5 月以来の高水準となった。売りポジションは7.3%減り、約2年ぶりの 低水準。

報告対象期間中の天然ガス相場は、15%上昇した。米北東部は寒波 で大雪となり気温は例年を下回った。北極からの寒気が今週、再来する との予報が出ている。天然ガス相場は20日に100万BTU(英国熱量単 位)当たり6.40ドルに上昇した。日中としては2008年12月4日以来の高 値。14日終了週のガス在庫は1兆4430億立方フィートに減少し、この時 期としては04年以来の低水準を記録した。

エナジー・マネジメント・インスティチュート(ニューヨーク)の シニアパートナー、ドミニク・チリシェラ氏は「在庫と寒波の再来が2 つの主要な動因となっている。暖房シーズン終了時の在庫水準に関心が 集まっている。特に夏が猛暑になるかハリケーンの活動があれば不安定 な状況だ」と述べた。

原題:Hedge Fund Natural Gas Wagers Jump on Tumbling Supplies: Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE