ユーロ下落、ECB総裁発言で売り圧力-ドル・円は102円前半

東京外国為替市場では、ユーロが下 落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、物価見通しが悪化した場 合に行動する用意があると発言したことを背景に、ユーロ売り圧力がか かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。