ウクライナ経済は危機的状況、暫定内閣で合意を-大統領代行

ヤヌコビッチ政権が事実上崩壊した ウクライナで23日、最高会議(議会)がトゥルチノフ議長を大統領代行 に選出した。トゥルチノフ氏は各政党に対し、暫定内閣の早期樹立で合 意するよう呼び掛けるとともに、同国経済が「壊滅状態」となっている ことを明らかにした。

米国と欧州連合(EU)は23日、暫定内閣が発足した時点で金融支 援を行う意向を表明した。ウクライナでは先週、デモ隊と治安部隊の衝 突で少なくとも82人が死亡。最高会議は22日、ヤヌコビッチ大統領の解 任を決議した。大統領と閣僚数人は同国東部ドネツクから空路で国外に 脱出しようとしたが、国境警備当局に阻止された。大統領らは拘束はさ れていない。

トゥルチノフ氏はこの日、議会で「ウクライナの状況全般、特に経 済が壊滅的だ」と発言。「国庫の資金が尽きている」と説明した。

首都キエフの中心部は反政府勢力が掌握し、ヤヌコビッチ大統領は 議会の動きに対し「クーデターだ」と反発した。22日にはヤヌコビッチ 政権と対立するティモシェンコ元首相が釈放され、大統領選への出馬を 表明した。最高会議は大統領選挙を5月25日に実施する決議を採択して いる。

米・EUは支援の用意

ウクライナへの影響力拡大で欧米とロシアがつばぜり合いを繰り広 げる中で、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は「人道的見地 だけでなく、経済的見地からも」ウクライナを支援する用意があるとシ ドニーでG20財務相会議後に記者団に述べた。

一方、ルー米財務長官は「ウクライナが民主主義と安定性、成長へ の道筋に戻るのを米国は助ける準備が出来ている」と発言。オズボーン 英財務相も「われわれはウクライナ国民による国の再建を助けるため財 政援助を行うべきだ」と語った。

欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表は24日にウク ライナ入りし、政治危機解決と経済の安定化への道筋を政党指導者らと 協議する予定。欧州委員会が23日、フェイスブックページで明らかにし た。

原題:Ukraine Leader Warns Economy in Peril Amid Cabinet Talks (2)(抜粋)

--取材協力:Volodymyr Verbyany. Editors: Michael Winfrey, Paul Abelsky

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE