中国の興業銀行、一部の不動産会社向け融資を停止-上海証券

更新日時

中国の興業銀行が一部の国内不動産 会社向け融資を停止し、鉄鋼やセメントなど関連業界への貸し出しを厳 格化したと中国紙の上海証券報が報じた。

同紙によると、興業銀は不動産業界でのメザニンファイナンスとサ プライチェーンファイナンスを3月末まで停止すると、春節(旧正月) 前に通知。同紙はインターネット上で広まっている通知書の画像も取り 上げた。今年の春節の連休初日は1月31日。同行の広報担当者は、同通 知についてすぐには確認できないと述べた。

中国国際金融(CICC)の黄洁アナリストは、興業銀が規制の緩 い資金調達手段に依存している地方政府への資金供給も制限している可 能性があると指摘した。

黄氏は24日のリポートで興業銀の動きについて、「規制上の指導に よるものというより、リスクテーク意欲の後退が主因」との見方を示 し、「同行が地方政府関連のファイナンスを将来的に厳格化する可能性 を否定できない」と記した。

同氏の推計によれば、中国の銀行が手掛けるメザニンファイナンス は2013年に全体で最大2000億元(約3兆3600億円)と、国内の年間の不 動産投資の2%に相当する。

ハンセン銀行(恒生銀行)の出資を受ける興業銀は、不動産や地方 政府向けファイナンスに最も積極的な銀行の一つ。CICCによれば、 この両分野への興業銀のエクスポージャーはバランスシートに記載され ている分と簿外分を合わせると、昨年6月末時点で総資産の約3分の1 を占める。これは中国の上場銀行で2番目に大きな割合だという。

原題:Industrial Bank Halts Property Loans, Securities News Says (1)(抜粋)

--Jun Luo. Editors: Russell Ward, Chitra Somayaji

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE