独連銀総裁:不胎化停止に反対せず、マイナス金利に警戒感

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁は、債券購入で生じた流 動性を吸収する不胎化措置を停止することに反対しないと述べる一方、 ECBの中銀預金金利をマイナス圏に引き下げるリスクについて警戒感 を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。