【今週の債券】長期金利0.5%半ばに低下も、景気懸念や需給の良さで

今週の債券市場で長期金利は約10カ 月ぶり低水準の0.5%台半ばまで低下するとの見方が出ている。米国や 中国の経済指標の悪化で世界的な景気の先行き懸念が出ていることや需 給環境の良さで金利に低下圧力が掛かりやすいことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。