マイクロソフト:安価な携帯開発でアップルやグーグルを追撃

米マイクロソフトはモバイル端末向 けソフトウエアへの取り組みを加速させる。同社の基本ソフト(OS) 「ウィンドウズ」搭載端末の製造元を増やすとともに、携帯電話向け半 導体で世界最大手の米クアルコムと共同で安価なスマートフォンを設 計、中国などの市場を狙う。

ジョー・ベルフィオーレ副社長が23日、スペイン・バルセロナでの 携帯業界見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」でのイ ンタビューで語った。マイクロソフトは同日、ウィンドウズ搭載スマホ のメーカーには中国のレノボ・グループ(聯想集団)、ZTE(中興通 訊)、LG電子などが新たに加わると発表した。

ハイエンド端末向けOSで米アップルとグーグルにリードされたマ イクロソフトは、ウィンドウズの市場シェア底上げに努めている。ベル フィオーレ副社長は「マイクロソフトはエコシステム拡大により、さら に健全になれる」と語り、新興市場に注力する意向を示した。また、ウ ィンドウズ8.1とウィンドウズフォンの両OSを今春アップグレードす る方針を明らかにした。

同副社長によると、携帯メーカーが新興市場向けのウィンドウズ端 末開発を進められるよう、マイクロソフトとクアルコムは情報処理用と 無線通信用の両チップで構成される低価格用スマホの中枢部分の共同設 計を行っている。

マイクロソフトでは2月に最高経営責任者(CEO)がスティー ブ・バルマー氏からサトヤ・ナデラ氏に交代。フィンランドのノキアの 携帯端末事業の買収手続きも進めている。

原題:Microsoft Targets Global Internet Growth With Cheaper Phones (1)(抜粋)

--取材協力:Ian King、Marie Mawad. Editors: Ville Heiskanen, Kenneth Wong

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE