デフレリスクは米当局が考えている以上-ウェルズFのモデル

米経済がデフレに陥るリスクは連邦 公開市場委員会(FOMC)が認めているよりも高い可能性がある。ウ ェルズ・ファーゴ・セキュリティーズが作成したモデルが示した。これ は金融緩和を長引かせる要因になるかもしれない。

エコノミストのジョン・シルビア、アザー・イクバル、ブレア・ザ ッカリーの3氏によれば、米国でのデフレ圧力は2010年1月から「比較 的強く」、米国がデフレに陥る確率は現在66%だという。

エコノミストらは個人消費支出(PCE)価格指数や失業率、金融 当局のインフレ目標などの要素から確率を計算した。

原題:Deflation Risk Growing in Wells Fargo Model: Cutting Research(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE