ウクライナ債急伸、大統領の早期選挙呼び掛けに反政府派同意

21日の債券市場でウクライナ債が急 伸。ヤヌコビッチ大統領の呼び掛けた早期の大統領選挙実施に反政府派 が合意したことを好感し、2カ月前にロシアがウクライナ救済の金融支 援を約束して以来で最大の上昇となった。

キエフ時間午後3時40分現在、2023年4月償還債の利回りは77ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し10.33%。低下幅は昨 年12月17日以来で最大となっている。ウクライナ株の指標の株価指数 も2.6%高となり、前日と合わせた上昇率は6.5%に達した。

首都キエフの独立広場で反政府デモを繰り広げてきたグループ「マ イダン・カウンシル」のメンバー、オレクシー・ハラン氏は電話で、12 月までの大統領選実施や、48時間以内に2004年の憲法に回帰することな どを含む案に署名する権限を、デモ参加者らが指導部に与えたと述べ た。旧憲法の回復は大統領の権力抑制を意味する。

今回の混乱が始まってから少なくとも77人が死亡し、欧州連合 (EU)は今週、一部のウクライナ当局者への制裁を決めた。ヤヌコビ ッチ大統領が昨年11月にEUとの関係を強める連合協定の調印手続きを 見送ったことが危機発端となった。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はこの日、 混乱によってウクライナがデフォルト(債務不履行)に陥る可能性が高 まったとして同国の格付けを「CCC」と、従来の「CCC+」から引 き下げた。「状況が大きく改善しない限り」デフォルトの公算が大きい と指摘した。

ウクライナは2015年末までに170億ドルの債務が期限を迎える。そ のうち10億ドルの14年6月償還債の価格はこの日、額面1ドルに対し て96セントと、前日の93セントから上昇。ブルームバーグのデータによ れば、通貨フリブナはドルに対して年初来で約8%下落。

原題: Ukraine Bonds Rally as Protesters Back Yanukovych Election Offer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE