ウクライナはデフォルトの公算大、「CCC」に格下げ-S&P

格付け会社スタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)は21日、ウクライナの「政治的危機が大幅に悪化し た」ことからデフォルト(債務不履行)状態に陥る公算が大きいとの見 方を示し、同国の格付けを引き下げた。警察と反政府デモ隊の衝突で、 ウクライナでは今週に入り少なくとも77人が死亡している。

S&Pはウクライナの格付けを投資適格級から8段階低い 「CCC」と、従来の「CCC+」から引き下げた。ヤヌコビッチ大統 領の下で政府が債務を履行できなくなるリスクが高まっていると指摘し た。

S&Pは発表文で「状況が大きく改善しない限り、ウクライナがデ フォルト状態となる可能性が高いと当社は考えている。状況が改善する とは予想していない」と説明した。

さらに「当社の見解では、ウクライナの政治的状況は大幅に悪化し た」とした上で、デフォルトリスクの高まりを指摘するともに、「2014 年におけるロシアによる金融支援提供の継続についての不透明も高まっ た」と分析した。

原題:Ukraine Likely to Default, Credit Rating Cut to CCC, S&P Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE