ECBは開示不要-ギリシャの赤字隠しめぐる訴訟でEU司法裁

ギリシャが公的債務を隠すためにど のようにしてデリバティブ(金融派生商品)を使ったかを、欧州中央銀 行(ECB)は開示する必要はないとの判断を欧州連合(EU)司法裁 判所が示した。

EU司法裁は6日、手続き上の問題があるとして、ブルームバー グ・ニュースによるECBの2つの内部文書に関する情報開示請求を退 けた。

欧州の納税者は2400億ユーロ(約34兆円)規模のギリシャ救済策の 負担を強いられたが、ギリシャ政府の会計問題が発覚する2009年より前 にEU当局者がこの事実を認識していたどうかについて知ることはでき なくなった。

ブルームバーグ・ニュースのマシュー・ウィンクラー編集主幹は 「われわれの提訴はEU当局者がギリシャの赤字隠しを容認し、これが 欧州債務危機の一因となったかどうかを知る一般市民の権利をめぐるも のだ」とし、「EU司法裁の判断に失望している。われわれは欧州およ び世界中の市場にさらに透明性をもたらす取り組みを続ける」とコメン トした。

ブルームバーグは10年12月に今回の訴えを起こした。ECBはそれ 以前にブルームバーグの情報公開請求を2回拒否していた。ECBは 「EU司法裁の判断を尊重する」とした上で「判断に満足している」と の声明を出した。

原題:ECB Wins Court Ruling to Keep Greek Swap Information Secret (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE