中国人民元:オフショア取引で週間で11年9月以来の大幅下落

中国人民元は21日の香港オフショア 取引で、週間ベースでドルに対し2011年9月以来の大きな下げとなっ た。英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが20日 発表した2月の中国製造業購買担当者指数(PMI)で、中国経済の減 速の兆候があらためて示された。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、人民元は香港時間午後 4時40分(日本時間同5時40分)現在、前日比0.27%安の1ドル =6.0847元。今週に入ってからの下落率は0.81%。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海市場では 前日比0.13%安の6.0914元で終了。中国人民銀行(中央銀行)は元の中 心レートを0.05%引き下げ、2カ月ぶり低水準の6.1176元に設定した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、元の1年物ノンデリバ ラブル・フォワード(NDF)は前日比0.04%安の6.1315元。

原題:Offshore Yuan Slides in Worst Week Since 2011 on Growth Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE