JPモルガン損失急増の陰にリスクモデル-ロンドンの鯨教訓か

米銀最大手JPモルガン・チェー スは、トレーディング損益の評価基準に新たな規制上の要件を反映させ る修正を加えた結果、昨年は損失を計上する頻度が急増した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。