ドル・円が3日ぶり高値、米景気懸念の緩和で-一時102円61銭

東京外国為替市場では、ドル・円相 場が3営業日ぶりの高値を付けた。足元の米経済指標の不振は天候要因 の影響が大きいとの見方が浸透する中、日米の株高を背景にリスク選好 の円売りが後押しされる格好となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。